アメリカ宅建資格。今注目の、米国で唯一の 不動産業務資格の取得を全面サポート!TOEICのスコアUP!英語力+金融、国際会計の知識!CPA・MBAへのステップとして!「アメリカ宅建」とは、米国カリフォルニア州不動産局が 発行する「セールスパーソン」の資格免許のことです。アメリカではこの資格がなければ不動産業務の関連営業は出来ません。そしてこの学習を通して、CPA、MBA、RE-BROKER、APPAISA(不動産鑑定士)資格への入り口ともなる基礎知識を身につけることが出来、TOEICのスコアアップにも繋がります!以上のことから即戦力を求める企業からも高い評価があり、就職に強い資格として注目を集めています。

就職に強い!英語力+国際金融知識

米国不動産資格の合格者の多くは、英語に加え、金融、不動産知識を身につけられ、大手金融機関、不動産会社、特に外資系企業で活躍されております。また、厳しい就職状況の続く昨今においても、英語+α(専門性)を証明する資格として、就職時ではアピールでき、高い内定実績を上げております。

多くの女性が取得し各分野で活躍しています。

一定の英語力に加え、女性の活躍が期待される不動産の知識というを証明できる数少ない資格です。特に不動産業は、女性の活躍機会が多く、一生涯活躍できると昨今は注目されている業界です。英語ができるということだけではキャリアアップにつながりにくくなった現在において、+α(専門性)をもつ必要性を認識される方の受講が増えております。

TOEICのスコアアップ!

当資格は、英語+専門性を証明できる数少ない英語系資格です。当資格の学習を通じて、TOEICのスコアアップ、キャリアアップも期待できます。ビジネス、特に金融、会計の専門用語を多く扱う為、今まで壁になっていた難しい専門用語も自然と身に付きます。

様々な学習スタイルで無理なく取得!

インターネットに加え、いま話題のiPhone、iPadでの学習も可能となりました。通勤時間やカフェでちょっと空いた時間を使って学習出来る環境を整えております。携帯性と場所を選ばない学習スタイルが、好評を得ております。

合格率95%! 返金制度もあり全面バックアップ!

アメリカ宅建試験での経験は25年以上で、米国不動産資格専門校として、多くの合格生を輩出した実績がございます。アジア全域においても、実績はNo.1です。ここ10年では当校より受験した人で落ちるケースはございません。

 

過去の実績に基づいて、オリジナル学習法、オリジナルテキストを開発しました。当校の学習法に基づいて、進めていけば、最短ルートで合格できると自信をもっております。 講義はPC,iPodを利用した動画授業となりますが、実績25年の個性派講師が『楽しく』をモットーに行っております。

 

アメリカでの州受験からライセンス取得までトータルでサポートします。 この州試験は、カリフォルニア州内で行われています。(ほぼ、毎日です)

 

当校では、あたなの学習修了証「英文certificate」を発行していますので、 受験料と共に、ご自分で州受験申込みができます・・・・・ 州のホームページ・サイトから「州受験申込み」するようになっていますので、 日本在の人々(例えば、独学の人、アメリカ内の現地専門校で学んできた方)は、 この州当局サイトの州受験『申込みページ』まで、”個人の力”ではたどりつけません。
「ご注意ください」
当校では、【日本在の人】であっても、州受験申込できるようにサポートしています。

 

もちろん、合格後の就職支援、VISA取得サポート等も行っており、 確実なキャリアアップのお手伝いをさせて頂きます。

 

合格後は日本に住んでも良く、あるいは、アメリカ、さらに、他国に住んでも問題ありません。 しかし、将来、カリフォルニアで仕事したい人は、セールスパーソン試験で合格後、 このライセンスを取得してから現地日系不動産企業、自社のアメリカ子会社、 あるいは、州内の不動産ブローカーオフィスに所属しながら働きます。(どこに住もうが自由です)。 そして、2年間の実務終了後には、この上位の不動産資格、”ブローカー州試験”にチャレンジできます。

 

その後の独立も夢ではありません。実際に、こういう元当校たちがおります。