トライワールド卒業生セールスパーソン取得
質問

アメリカ宅建学習を始めたきっかけは何でしたか?

答え

私は大学卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアに行きました。オーストラリアから帰国後、日本で英語を活かした職に就きたいと思い、就活に励みましたが、なかなか上手にはいきませんでした。その時のTOEICスコアは700点。兎に角、英語を活かした職を探しましたが、とりあえず、派遣社員として1年間過ごし、その間に英語関連の資格を取得しようと決めました。

 

いずれ英語に関連する仕事をしようと思っていたので、このアメリカ宅建にチャレンジした訳です。合格後は、自分の希望もかなえられ英語に関係した企業に入社できました。

質問

合格するまではどのように学習して行きましたか?

答え

まずは、アメリカのビジネス経験が豊富な講師が初心者向けに学習法から合格までのガイダンスしてくれました。ここで講師は、合格に必要な知識を入れるために、問題集を中心に学習することを進めてくれました。講師のすすめる学習法に従えば、学習期間の長短に関わらず、必ず合格するのを感じます。

 

私は、仕事をしながらの学習だったのですが、すき間時間を利用して10カ月間でアメリカ宅建(セールスパーソン資格)に合格することができました。早い人は2〜3ヶ月で合格するそうです。このアメリカ宅建の学習を通じて、問題傾向が同じのTOEICのスコアも820点までアップできました。

質問

トライワールドを選んだ理由は何でしたか?

答え

私は、茨城県に住んでいて、東京まで通学することができませんでした。


そのような環境ではe-learning講座になるのですが、テキストだけの講座では、単調すぎて、私は続かないと思いました。でも、トライワールドは、地方に住む受講生達が持ちやすい不安部分を充分に把握されており、地方の受講生でもインターネットの動画学習が長く続けられるように、其の講義の仕方には『楽しく、しかも記憶に残り易い』映像が数多く用意されていました。

 

また、You tube検索の「アメリカ宅建」動画では州試験に関連した動画も含まれていて、兎に角、受講生が合格できるように、独特な工夫があちこちにされているのが後日わかってきました。
さらに、合格後カリフォルニアでインターンシップ制度もあってこれは現在、検討中です。

質問

合格後の就職活動は?

答え

合格後は講師のススメで、外国人顧客の多い国内不動産会社に就職できました。顧客は日本人と外国人が半分ずつです。


外国人顧客は、日本語が出来ない方も多いので、そのような時に英語を用いて接客します。英語を活かして外国人のサポートする現在の仕事に満足しています。中には、外人がその返答に困るような質問をしてきます。
実務の浅い私には充分な返答が出来ない場合、携帯電話で直に講師に相談でき、これまでに何度も救われています。


合格後の今でも、資格学校を超え、実務上でトライワールドに助けていただいております。